雨の日のバイク事故予防策

無料の一括見積もりを取る

自分のバイクの相場を知らずに買取交渉すると
数万円〜数十万円も安く買い叩かれる可能性が高いです。

バイク比較.comで一括見積もりをとれば
あなたと同じ車種のバイクの過去の買取価格を見ることが出来ますし、
最大6社の査定額を比較して最も高い買取業者に売ることができます。
事故車は、査定額の差が出やすいのでできるだけ多くの買取業者に査定してもらいましょう!

雨の日のバイク事故予防策

 

雨の日のバイク事故

 

雨が降るとバイクにとって悪い条件が増え、事故の確率が高まります

 

 

特に雨と夜間が重なるとかなり危険になるのでできればその時は、ライディングを避けたほうがいいです。どうしても乗らなければいけない場合は、下記のことを意識して注意を怠らないようにしましょう。

 

 

まず最初に注意するのは、タイヤのグリップカが極端に下がり、スリップしやすくなります。特に降り始めは道路にたまったホコリや砂などが雨水によって流されるため、このホコリや砂がタイヤと路面の間でコロのような働きをして、非常に滑りやすくなります。

 

 

また、マンホールや横断歩道の白線などは摩擦係数が低く、排水性も悪いため、一瞬のうちにスリップし転倒することがあります。雨の日は、急にハンドルを切ったりしないようにして、スピードを落としてスムーズな運転を心掛けましょう

 

 

次に雨が降ると水滴で視界が悪くなるのでその対策をしておきましょう。雨が降ると、ヘルメットのシールドやミラーの表面に雨が付着して、著しく視界が損なわれます。このような状況にならないために事前に自動車用品店やホームセンターなどで販売されてlる自動車ガラス用撥水コーティング剤を塗布しておけば、少しは、視界が良くなります。

 

 

また、頭髪が濡れたままでヘルメットを被ると、シールド内が瞬く間に曇ってきます。視界確保のため雨天時はシールド内側に曇り止め剤を塗布しヘルメットを脱ぐ場合は、帽子を被ぶたりして、できるだけ頭髪を濡らさないようにしましょう。また、息がシールドにかからないようにする専用マスクを着用するなどの手段も有効です。

 

 

次に周囲に自分の存在を気づかせる努力をしておきましょう。雨の日は雨音によって排気音が消されるうえに、傘によって視界が遮られたり、雨や水溜りなどに気を取られたりすることも多く、歩行者や自動車はバイクの存在に気が付きにくくなります。

 

 

そのため、雨の日に歩行者や自動車の近くを通過する時は、相手がバイクの存在に全く気が付いていないという前提で運転します。いつもより、スピードを落とし、早めにヘッドランプを点灯し、ウエア類もできるだけ明るい色のものを着用しましょう。反射テープも有効な手段なのでバイクやウエアに貼り付けておきましょう。

 

 

次にハイドロプレーニングに注意しましょう。ハイドロプレーニングとは、水溜りの上を高速で走行したときにタイヤと路面の間に水が入り込み、バイクが水の上を滑るようになりハンドルやブレーキが利かなくなる現象のことをいいます。

 

 

高速道路で起きやすい現象です。ハイドロプレーニングが発生すると、ブレーキやハンドル操作が全く効かないばかりか、バイクを傾けるなどの挙動を与えると、簡単に転倒してしまいます。

 

 

この現象は、高速道路のワダチや橋の上など雨水が溜まりやすい場所で発生しやすいため、雨天このような場所を走行する場合、速度を落として通過するようにします。

 

 

また、ハイドロプレーニングが発生した場合、慌てずバイクを直立させ、上体を起こしながらリヤブレーキを掛け、速度が落ちてタイヤのグリップカが回復するのを待ちます。ただし、実際起こった時は、パニックになって対応できないので起こさないことの方が重要です。

バイクの一括見積もりサイトを使いましょう

バイク買取店は、安く買い叩こうとしてきます。
相場を知らずに査定をしてもらうと
数万円〜数十万円も安く買い叩かれる可能性が高いです。

バイク比較.comで一括見積もりをとれば
あなたと同じ車種のバイクの過去の買取価格を全て見ることが出来ますし、
最大6社の見積り価格を比較して一番高い買取業者に売ることができます。