バイク事故を起こさないための予防策

無料の一括見積もりを取る

自分のバイクの相場を知らずに買取交渉すると
数万円〜数十万円も安く買い叩かれる可能性が高いです。

バイク比較.comで一括見積もりをとれば
あなたと同じ車種のバイクの過去の買取価格を見ることが出来ますし、
最大6社の査定額を比較して最も高い買取業者に売ることができます。
事故車は、査定額の差が出やすいのでできるだけ多くの買取業者に査定してもらいましょう!

バイク事故を起こさないための予防策

 

バイク事故

 

バイクは、自動車のドライバーに認識されにくいため、市街地などで事故に巻き込まれるケースが多く見られます。自動車と違いバイクは、ライダーの体がさらされているのでちょっとしたことで転倒するだけで命に関わる大怪我につながりかねません。そうならないためにライダー本人が周囲の状況をよく把握し、危険な状況に陥らないよう注意して運転しなければなりません。

 

 

先を読みながら運転する

安全運転の最初のポイントは、先を読みながら運転することです。先を予想しながら運転していれば突然の出来事にも余裕をもって対処することができます。初めて走る道では、先を予想するのも難しいです。そういう時は、最悪の状況を予測しながら対応できるスピードに落として走りましょう。

 

 

例えば、山道などで出口の見えないコーナーに進入する時に、高速コーナーのつもりで突っ込み、実際は、周り込んだコーナーであった場合、対処できません。しかし、最初から最悪の状況を想定して周りこんでいるコーナーかもしれないと予想して進入すれば何かあっても対応することが可能です。

 

 

市街地でも路肩に停止している車の横を通過する場合、その車が急発進するかもしれませんし、車の陰から歩行者が飛び出してくるかもしれません。それを想定しておけば実際なにかあっても対応できます。

 

 

バイクでよくある事故を知っておく

バイクでよくある事故を知っておいてそこを注意しておくだけで事故に合う確率をかなり下げることができます。

 

 

交差点の事故でよくあるのが、対向車線から右折した車両と直進するバイクとの接触事故です。この事故の原因で多いのが交差点を曲がろうとしている車両が直進してくるバイクとの距離を読み違えることです。直進してくるバイクは車と比べ距離感がつかみにくいですし、バイクの加速を理解していないドライバーも多いです。

 

 

このようなケースも「対向車が交差点に進入してくるかもしれない」と予想して、加速をするのをやめたり、スピードを落としていれば、実際に対向車が交差点に進入してきても、事故を防げます。

 

 

他にも左端を走っていて左折する車やトラックに巻き込まれるケースも多くあります。交差点で多いですし、直線道路でも車のドライバーが急にコンビニに寄ろうと思い、指示器を出すのが遅れて急に左折してバイクを巻き込むことがあります。これは、車やトラックの見えない位置にライダーがいることが原因なので車の横に並んで並走しなければこのような事故は、防げます。

 

 

また信号待ちや渋滞などで車が停車している時、バイクで横をすり抜けていると突然ドアがあいたり、なにか飛び出したりして転倒することがあります。すり抜けは、しないようにしましょう。

 

 

 

視野を広くする

バイクは、道路の左側を走行することが多く、ライダーの視線は前方左端に集中する傾向があります。そのため、後
方に対する安全確認を行いにくく、交差点など道路右側より進入してきた自動車や歩行者や追越しを掛けて来る後方車両に気がつくのが遅れがちになります。

 

 

またバイクに限った話ではありませんが、走行中直前を走る車のみを見ている人もいますが1点に集中するのは、危険です。全体を見渡すように意識しましょう。特に市街地の走行では、本来必要な車間距離を保ちにくくなるため、前方を走る車に注意を払うのはもちろん、更にその先の車両の動きや信号などの状況も確認するようにします。後続車などを確認する場合も車間距離や速度差などを短時間で確認し、常に前方への注意を怠らないようにします。

 

 

また後方を確認する場合、ミラーに映る後続車との距離は実際の距離よりも遠くに見えるため、車線変更を行う場合などには注意が必要です。あらかじめ、ミラーを通して見える距離と実際の距離の差を確認iておきましょう。

 

 

 

スピードによる視界の変化

人間が前方の物体を認識できる範囲を視界といい、止まっている状態では前方に対して左右に約200度の範囲にあるものまで認識できます。しかし、時速70km/hになると65度、時速100km/hになると40度になります。

 

 

また、速度が速くなれば、当然1秒あたりの移動距離も大きくなります。例えば、時速30km/hで走行していた
場合、1秒あたりの移動距離は約8mですが、6Okm/hになると10mになります。このため、速度が速くなるほどよ
り遠くを見て運転する必要があります。

 

 

死角を意識する

死角とは、走行中のドライバーやライダーの周囲で視界に入らない部分を言い、ミラーでは確認できない斜め後
や停止している車の陰などがあります。走行中死角に入る時間が多くなればなるほど事故に合うの確率は、上がります。

 

 

例えば前方を走る車両の死角に入ってしまうと、目前でいきなり車線変更を行われたり、交差点の左折で巻き込まれたりする可能性が高くなります。ただし、一般公道を他の車両と走行する場合、まったく死角に入らずに走行することは不可能であるため、いかに死角に入る時間を少なくするかということが重要になります

 

 

そこで、信号待ちや渋滞をしている場合では、自動車の横には並ばず車より前方に出て、死角に入らないようにしたり、交差点直前では、前方が赤信号で周囲の自動車が停止している状態以外には、車両の横をすり抜けたりしないようにします。

 

 

特にバスや大型トラックなどは車体の大きさに比例して死角も大きくなるため、極力横に並ばないようにします。また、停車中の車両をすり抜ける場合、ドアがいきなり開く可能性がありますので、注意が必要です。

 

 

メンテナンスをしっかりしておく

 

バイクは精密機械なのでメンテナンスを怠っているといつか壊れます。特に車検のない250cc未満バイクに乗っている人の中には、定期点検に出すこともなく整備不良のままにしている人も多くいます。走行中にそれが原因で事故を起こし亡くなっている人もいっぱいいます。ですからバイク屋に定期的に点検に出し、自分でも出来る「タイヤの空気圧のチェック」、「タイヤの溝のチェック」、「ドライブチェーンのテンション確認、清掃、注油」、「ブレーキパッドの残量確認」などは、必ずしておきましょう。

バイクの一括見積もりサイトを使いましょう

バイク買取店は、安く買い叩こうとしてきます。
相場を知らずに査定をしてもらうと
数万円〜数十万円も安く買い叩かれる可能性が高いです。

バイク比較.comで一括見積もりをとれば
あなたと同じ車種のバイクの過去の買取価格を全て見ることが出来ますし、
最大6社の見積り価格を比較して一番高い買取業者に売ることができます。